検索

「能登てまり」の豊平さんを訪ねて!

「のとてまり」は冬の厳しい能登の山間で、広葉樹の原木に種菌を植えて作られる原木椎茸栽培です。一つひとつに袋掛けをし、大切に手間と愛情をかけ、まさに手塩にかけて育てられたる大型の椎茸で、のと115のブランドです。の中でも、傘8cm以上、肉厚3cm、巻き込み1cm以上という規格を満たしたものを「のとてまり」としてブランド化。「山のアワビ」とも呼ばれています。

豊平さんはハウスの中でなく能登の里山の自然の環境の中で育てています。

そのため「のとてまり」の基準を満たすものは5~10%だけとの事です。











46回の閲覧

関連記事

すべて表示